Menu

50期安全速報50期安全速報


B747-400Fの仕様は?(No50-176) PDF
SASCOで重整備後の機材で、また不具合か?!(No50-167) PDF
パスポ-トも搭乗券も持たない不審者が機内に侵入!(No50-108) PDF
何かおかしいJALの整備!(No50-89) PDF
年末団交1回目(安全) H本部長「整備品質は低下していない」!?(No50-054) PDF
 

Acrobat Reader download logo PDFデータを閲覧する為には、 Adobe 社の Acrobat Reader が必要となります。 お持ちでない方は、Acrobat Readerを
ダウンロード後、インストール して下さい。こちらより無償でダウンロードできます。
Copyright ©1996-2003 日本航空乗員組合 All rights reserved.

航空労組連絡会(航空連航空労組連絡会(航空連

航空労組連絡会(略称 航空連、英文名 Japan Federation of Aviation Workers’ Unions)は、航空労働者の連帯と団結の強化、労働条件の向上、社会的・経済的地位の向上、及び航空産業の安全性向上と公共交通機関としての発展に寄与することを目的とした団体で、この目的に賛同する54組合約13000名をもって構成されています。 連絡先航空連Home Pageへ 事務局〒144-0041 東京都大田区羽田5-11-4     フェニックスビルTEL 03-3742-7580           FAX 03-5737-7819

なぜいくつも組合があるのか・・・なぜいくつも組合があるのか・・・

第1章  ~乗員組合創成と労務政策~  ◆日本航空設立・・・外国人乗員での出発 ◆1954年 乗員組合結成と労働条件の向上 ◆経営側の体制強化 ◆初めてのストライキ決行(組合役員4名の解雇) ◆熾烈を極めた分裂工作 その?@ 第2章 ~運航乗員組合の民主化と機長全員管理職制度~  ◆分裂後の労働条件の実態 ◆御用組合から自分たちの組合へ ◆熾烈を極めた分裂工作 その?A 第3章  ~労務政策が生んだ大きな代償、航空事故~  ◆連続事故 ◆物の言えない職場 ◆日本航空の労務姿勢がもたらした事故 第4章  ~機長組合設立への道のり~  ◆機長養成訓練に持ち込まれた労務手法 ◆機長会(親睦団体)から機長組合へ ◆日本航空経営の管理強化、営利優先、安全軽視の姿勢は変わらず ◆御巣鷹山123便事故を契機に高まる労務政策への批判 :1986年ついに機長組合設立 統一宣言  年表「日航乗員闘いの軌跡」  ~乗員組合創成と労務政策~ 第1章 ◆日本航空設立・・・外国人乗員での出発1951年8月1日に日本航空株式会社(旧会社)が設立されました。しかし、まだ航空機の製作、組み立て、所有及び運航は認められませんでした。1952年4月にサンフランシスコ平和条約が発効し、日本の空の自主権が回復し、これに伴い7月1日に羽田空港が返還されました。そして7月15日には国際民間航空条約(シカゴ条約)に準拠した新航空法が公布施行されました。翌1953年8月1日に「日本航空株式会社法」(日航法)が公布され、10月1日に旧日本航空は新会社に営業の全てを譲渡して解散し、政府出資とあわせて半官半民の日本航空が誕生しました。さらに、1954年2月2日からは国際線(東京―サンフランシスコ線)進出を果たしたのです。 この間、1952年4月9日に日本航空のマーチン202型「もく星号」(ノースウエスト航空の航空機、運航乗務員、整備員で運航)が伊豆大島三原山に衝突、乗員乗客37名全員が死亡する事故が発生し、日本航空としての自主運航の気運が高まっていきました。

国際定期航空操縦士協会連合会(IFALPA国際定期航空操縦士協会連合会(IFALPA

IFALPAの目的と設立過程 IFALPA(International Federation of Air Line Pilots’ Associations..国際定期航空操縦士協会連合会)の標榜する基本的な目的は、航空輸送の安全かつ秩序ある発展とエアラインパイロットに共通する利益の保護である。 第2次世界大戦が鎮まるとともに再開された国際民間航空の発展は、目覚ましかったが同時に、個々のパイロット協会では対処しきれない技術的問題や、運航に係わる国際的な問題が、多数生じることとなり、航空輸送事業の安全かつ秩序ある発展をはかる上で、パイロットによる国際的機関の設立が望まれるようになった。その機運のもとに、1948年4月、British Airline Pilots’ Associationが主催して、13のパイロット協会がロンドンに集まり、協議した上で、IFALPA組織が結成された。1955年からロンドン市内に本部を置いたが、1977年には、ロンドン郊外Eghamの地に本部を移し、”Interpilot House”と呼ばれ現在に至っている。 ALPAーJapanは、1961年日本を代表するパイロット協会として、加盟を承認された。 1986年12月現在、65ヶ国、65協会、約60、000人のパイロットで構成されている。 本部:INTERPILOT HOUSE   116 High Street   Egham, Surrey   TW20 9HQ,   England抜粋 ALPA BRIEFING SERIESALPA-J HAND BOOKNov.1987より Acrobat Reader download logo PDFデータを閲覧する為には、 Adobe 社の