「1千万人署名にご協力ください」

憲法9条平和憲法改悪に反対する要請署名

   

憲法9条は、「もう二度と戦争はしない」という気持ちから、「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否定」をうたっています。
世界に例を見ない9条によって、この60余年、日本は「戦争しない国」を実現してきました。ところが。この9条を変え、日本を「戦争のできる国」にしようとする動きが強まっています。安倍首相は任期中にも憲法を変えると明言しています。
戦争で家族を失ったり、国のために人を殺したりする時代はもう二度と来てほしくありません。私たちの子供、さらにその子供の世代になっても。
そんな願いを込めて、9条改悪に断固反対し平和憲法を守り続けましょう。

  <憲法労組連>憲法9条を守りたい―。その大きな目的のために、産業分野の違いを乗り越えて手を取り合って結成されたのが、憲法労組連(憲法改悪反対労組連絡会)です。連合や全労連などに属していない中立系の産業別組合12団体で構成しています。2004年7月の発足以来、シンポジウムやシリーズ学習会を開催、市民団体なども連体し平和と憲法を守る大きなうねりをつくりたいと取り組んでいます。
 
  参加団体:   映演共闘、航空連、私大教連、出版労連、新聞労連、全建総連、
全港湾、全倉運、全損保、全大教、全農協労連、電算労
 

平和憲法の改悪に反対する要請署名

わたしたちは、平和憲法の改悪に反対します。

この署名は、すべての政党・会派の国会・地方議員、首長などへの要請に活用します。
(個人情報保護の立場から、ご署名いただいた住所・氏名を他の目的に使用することはありません)

 ⇒ WEBフォームにて署名
 ⇒FAXにて署名・PDFファイルのダウンロード (FAX番号:03-5756-0226)


憲法改悪反対労組連絡会(憲法労組連):新聞労連気付
〒113-0033 東京都文京区本郷2−17−17(共門本郷ビル6階)
 

Copyright ©2000-2007 日本航空機長組合 All rights reserved.