123便事故特集
目次

 

乗客乗員520名が犠牲になった日本航空123便事故から15年の歳月が流れました。何年過ぎようとも亡くなられた方々の無念さや遺族の方々の深い悲しみが癒えることはないでしょう。

「2度とこんな事故を起こしてはならない」航空運送事業に携わる者の切なる願いです。では、事故を起こさないためにはどうしたらよいのか。これを考える上で事故原因の究明は欠くことのできないものですが、はたして事故調査委員会が出した報告書はそんな思いにかなうものなのでしょうか。

社内事故調査報告書説明会の報告(2002.8.26)
123便事故から18年目を迎えて 〜日航5労組8.12声明(2002.8.12)
情報公開を恐れ、証拠隠滅?123便事故調査資料を廃棄か(2000.8)
ボイスレコーダー解析に重大な疑義あり!(2000.9)
●123便事故調査に関する04春闘回答で、将来的には残骸を廃棄する考えを表明

■123便事故調査報告書の疑問点を検証
特集:紙上再現 フジテレビ     ザ・ノンフィクション 日本航空123便墜落事故・15年目の検証
123便事故の再調査を求める シリーズ 1 「急減圧はなかった」となれば、崩壊する事故調査報告書のストーリー
シリーズ 2

これが本当の急減圧だ!

シリーズ 3

事故調査報告書から消された生存者の証言

シリーズ 4

事故調によって闇に葬られた123便機内の写真

シリーズ 5

急減圧では説明のつかない数々の矛盾

シリーズ 6

航空界の常識を覆す事故調の見解

シリーズ 7 事故調推定通りなら短時間で意識障害を起こしたはず
シリーズ 8 事故調による低酸素症の実験
123便より短時間で切り上げたのはなぜ?
シリーズ 9 「肺から空気が吸い出され、思わず酸素を吸った」
シリーズ10 3〜6分で小学1年の国語の教科書も読めなくなった!
シリーズ11 まともに作業できたのは5分程度
シリーズ12 急減圧に見舞われていたら到底対処できない
エンジン推力調整によるフゴイド運動の制御
シリーズ13 急減圧が人体に及ぼす影響の公開実験を!
これまでの取り組み
三乗組、社長に対し

123便事故機の残骸・CVRDFDRの保存と公開に関する申し入れ

事故調査に関する問題点 目次に戻る

三乗組 123便事故特集ページへ

トップページへ >>