私たち機長組合は、安全・快適なフライトを地上で支える
グランドハンドリングの労働条件向上を求めます
   
 
これから出発しようとする航空機や、着陸してスポットに到着した航空機には、多くの作業車両が群がるように取り囲み、多くの作業員が忙しそうに動き廻っています。最終的に私たち運航乗務員が預かるフライトを地上で支える仕事、それがグランドハンドリングです。
 

グランドハンドリング<略してグラハン>とは・・・・・

旅客機の運航にはさまざまな準備と地上支援が必要です。地上支援の仕事は多岐にわたります。

マーシャリング: 航空機がスポットインする際に正面高所に立ち、両手にパドルを持ち、パイロットに指示を送る。誘導サインは規則で定められており、パイロットとコーディネーションしてで真っ直ぐ、定位置で安全に止まらせるには知識と経験が必要。この作業にあこがれて入社を希望する人も多い。
 
トーイング・プッシュバック: 牽引車を運転し航空機をゲートなどへ移動させたり、ゲートから出発する際にバックできない航空機を押して所定の位置まで進める。方向を変えるには大型機の主輪を巧みに操ることが必要でそれなりのテクニックと経験を必要とする。
 
 PBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ)操作: 旅客機のドアとゲートを結ぶ移動式ブリッジを運転する。降機を待つお客様の為、速やかにかつ機体を損傷することがないよう慎重に装着しなければならず神経を使う作業である。
 
手荷物の受託・仕分け・引渡し:

 

出発便では、お客様から預かった手荷物を受託し、TAGをつけてベルトコンベアで流す。その裏では、ベルトコンベアサイドに用意された行き先ごとの器材へ、間違いないようにTAGを確認しながら積み込んでいく。到着便では、搭載担当者が降ろしてきた手荷物を、優先引渡し順に間違わないよう到着ターンテーブルへと流す。到着ロビー内では、ターンテーブルに流した手荷物をお客様が引き取り、クロスピックアップ等のないよう目を光らせて見ている。
 
貨物・郵便搭載: お客様から預かった貨物、郵便物を<バラ積み・コンテナ積み>で航空機に搭載する。
 

機内清掃:

 

到着した航空機の機内を清掃し、イヤホーンや機内誌などをセット。お客様に快適なシートを提供する。JALの機内がきれいなことは世界的にも定評がある。その他、雨天時の作業として、出発・到着の際PBBのないゲートでは、雨傘をお客様に手渡し、お客様が雨に濡れないようにする作業もある。
 
食品搭載: お客様に提供する飲み物や食事をカートにセットして機内ギャレー(台所)に積み込む。狭いカートに必要なもの全てをセットするのは‘技’。 
 
手荷物・メール・貨物仕分け・プランナー業務:

 

どんどん運び込まれる手荷物・メール・貨物を行き先・便を間違わずに搭載されるよう仕分ける。外国エアラインでは、迷子の手荷物が後を絶たないが、JAL国内発に誤配送が少ないことは誇りである。また、プランナー作業は、それぞれの出発便に仕分けした貨物・郵便物・手荷物を搭載する際、各航空機にある数箇所の貨物室に貨物・郵便・手荷物の搭載位置をバランス担当者と調整して決定する。そして、搭載担当者に貨物室の位置を指示する。
 
  その他:

 

車椅子をゲートに届け、ご利用頂くお客様を援助するなど、様々な場面でJALのサービスを受け持つ。また、SSO業務として、PBBのないゲートからお客様が飛行機に搭乗の際、CAとボーディングのタイミングを見計らってゲート担当者にボーディングの許可を指示する。また、お客様がプロペラ回転域に入ったり、子供さんがステップで転んだりしないかを見ている。


などです。そのJALグランドハンドリングの主役を担うのは関連会社JGS<JALグランドサービス>そしてJGSが率いるJGSグループなのです。

 

JGSグループの実態・・・・・

 JGSグループで働く人は約9000人で、JGS本体に2000人、各空港に展開する関連会社(JGS札幌、JGS大阪、JGS九州など)に約7000人が働いています。皆、大好きな航空機のそばでJALの安全と快適なサービスを地上から支える仕事に夢と誇りをもって集まった労働者です。しかし・・・・
 
グランドハンドリングの過酷な作業と勤務

  ランプ作業:常に天候と闘いながらの作業となり、夏は猛暑の中、ランプ地面の照り返しに加え、機内を冷やすエアコン排気口から吹き出す熱風が容赦なく作業員を襲います。雷雨時のランプ作業も落雷・豪雨・強風があり危険を伴う作業です。また、台風など荒天時には、遅れてきた便を定時に出発させるタイムプレッシャーがかかります。
そうしたなかで、貨物を積み降ろししています。
そして、

   搭載や取り卸し作業:多い時には貨物コンテナ4台分、郵便物入りカート5台。手荷物カート2台の搭載があります。繁忙期の離島便はもっと物量があります。バラ積み機はさらに大変です。十分でない人員配置で短時間に多くの作業量を余儀なくされ、腰痛者が多発している状況です。

   貨物・郵便上屋作業:多くの貨物・郵便物を行き先ごとに間違いなく仕分けます。その際、特殊貨物が持ち込まれた時は、頭に入っている飛行機のタイプを思い浮かべ、貨物が大きい場合は、「(MD機であれば)ドアサイズに適しているか?」重量物が搬入された時は、「飛行機の床の強度は大丈夫か?」などを、頭に入っているマニュアルと経験で搭載の可否を判断します。また、お客様が知らずに持ち込んだ貨物・郵便物に危険品がないかどうかも眼で見て確認します。郵便作業では、航空機搭載不可のものが多く持ち込まれ毎日JPへ返却しています。

   勤務については、JGS本体とJGSグループ各社とでは休日の差が年間20日もあります。今年は、国民の休日があったために、JGS大阪内でも日勤者と比較すると、21日の差が生じます。これは、年休付与日数年20日分に相当します。休日が少ないために、身体の疲れも取れません。月間の休日数は7日〜8日です。
基本シフトパターンは、5−2・4−1で、早→早→遅→遅→遅→休→休→早→早→遅→遅→休の繰り返しです。貨物課ではこうしたパターンにナイト勤務が割り込んで きます。

   さらにマルチスキル化:こうした運航を支えるなかで、作業のマルチスキル化「合理化」として、遅番帯では、伊丹空港の運用時間が21時までであるのをいいことに、搭載担当者に機内クリーニングや機外クリーニングをさせるのです。特に機内クリーニング作業は、真夏でもキャビンのエアコンが切られ蒸し風呂状態、作業者の汗がシートに流れ落ちます。経営は、手間と経費削減を理由にエアコンをつけようとしません。
 


JGS経営はエアコンをつけるなど対応を行いました。これはJGS労働組合の取り組みの成果であり、職場の切実な声に耳を傾け対応を行ったJGS経営の姿勢を機長組合は評価しています。

 
 

信じられない労働条件と悲惨な生活

JGS本体の労働条件も高水準ではない中、JGS関連各社では本体を下回る劣悪な労働条件の中で悲惨な生活を余儀なくされています。
 

《職場からのレポート》

月々12〜3万円の手取りから、家賃・光熱費・諸経費(携帯電話代・保険代など)を支払うと、毎月3〜5万円程しか手元に残りません。これでは毎日の食事すらまともに取ることが出来ず、20〜25歳くらいの若年層の人たちは、カップ麺とおにぎり、給料日直前になると白飯だけというような食生活を送っています。


このような賃金水準という実態もあり、定着率は向上せず、スキルの伝承もできません。経営は「JALの安定飛行に向けて我慢を」と言っていますが、JALを安定飛行させる前に、このままではJALの翼を支える足下から崩れ落ちていくと私たちは危惧しています。

 

ここにもJALお得意の分裂労務政策が・・・・・

JGS労働組合をはじめ、JGS札幌労働組合・JGS大阪労働組合JGS九州労働組合は、職場の意見をもとに安全と賃金、勤務などの労働条件を向上させようと頑張っています。しかし、JAL傘下にあるJGSグループの経営者たちはJAL経営に習い、職場の声を押さえつける為に第2組合(各JGS民労)を組織させ、職場を分断するお得意の“分裂労務政策”を行っています。

こうした中でJGS経営は職制などを通じ、様々な差別や介入を行い、職場は暗く重苦しい雰囲気となっています。これでは安全の為に不可欠なアドバイスや会社を良くしようという健全な意見も妨げられることとなり、実際、トラブルや事故が後を絶ちません。そして更に重大な事態が起こらないかと不安は募るばかりです。

 
機長組合は運航の最終責任者として・・・・・
運航にあたる機長として、JALの安全運航(プッシュバックやスポットイン、PBBの操作など)や定時性の確保(機内清掃や搭載作業など)、快適性(機内清掃など)、サービスの向上(機内清掃、ギャレー搭載、車椅子の手配など)においてグランドハンドリングがいかに大きな役割を担っているか十分に理解しています。そのグランドハンドリングの職場で働く労働者が過酷な勤務と低い賃金により身心をすり減らしながら働いていること、そして多くの方が辞めていく中でスキルの伝承もままならない事態を憂慮しています。
 

  JGSグループ各経営は要求に答えよ!  

 機長組合はJGSグループ各労働組合の要求とその運動を全面的に支援します。JALグループ各経営には、その声を踏まえ回答することを求めます。

そしてJAL本体経営にも、ここにあげたような実態を認識し、JALの真の再建にはこうした縁の下を支えるグラハンの職場に目を向け、契約の適正化も含めた対応を求めていきます!
 

読者の皆様のご意見をお寄せ下さい。

皆様のご意見・ご感想がありましたら、 下記のリンク先よりメッセージをお願いします。

 ご意見はこちらからお願いします

 
 

Copyright ©2000-2008 日本航空機長組合 All rights reserved.