JAL 3 Flight Crew Unions  
日本航空機長組合,日本航空乗員組合,日本航空先任航空機関士組合 

 


123便事故特集 
1985年8月12日
東京国際空港発大阪国際空港行き123便が、群馬県多野郡上野村の高天原山に墜落し、520名もの命が犠牲になりました。

「2度とこんな事故を起こしてはならない」航空運送事業に携わる者の切なる願いです。
では、事故を起こさないためにはどうしたらよいのか。
 これを考える上で事故原因の究明は欠くことのできないものですが、はたして事故調査委員会が出した報告書は、そんな思いにかなうものなのでしょうか。

⇒三乗組 123便事故特集

123便事故から20年を迎える8月12日に向けての
 声明です

三乗組声明

勤務裁判組合
    全面勝訴判決確定


三乗組News

日本航空の労働組合

日本航空三乗組とは?



メールはこちら

リンク



日本航空インターナショナルには運航乗務員(機長・副操縦士・航空機関士)の組合が
3つ<日本航空乗員組合日本航空機長組合・日本航空先任航空機関士組合>あります。

それぞれの組合の要求や活動は日本航空の安全と健全な発展を目指すものであり、
組合結成以来2つの組合は乗員組合との連携を強めながら、
3乗組で一致して取り組みを進めています。

⇒もっと詳しく  ((日本航空三乗組とは?))
 

 
日本航空三乗組

Copyright ©2005 日本航空機長組合,日本航空乗員組合,日本航空先任航空機関士組合 All rights reserved.